アクアティックノート
90年代、キャローンと呼ばれる合成香料で可能になった「水」のニュアンスを
表現するノート。KENZOの「ロー・パ・ケンゾー」など、透明感あふれる香り立ち。

アトマイザー
フレグランスを本来の香水瓶から詰め替えて楽に持ち運べるようにする目的で
作られた、携帯用の小さな容器の事。スプレー式やペンダントヘッド型など様々な
タイプがあり、デザイン性に優れたアクセサリー感覚の物もある。

アニマルノート
動物性香料に特有の、セクシーで幻惑的なニュアンスを醸すノート。代表的な
香料はアンバー、ムスク、シベットなど。エジプトの王妃クレオパトラが恋人と
過ごす夜に使っていたのだとか。

アルデヒト
天才調香師エルネスト・ボーがシャネル「N゜5」とともに誕生させた、新しい合成
香料。ともに調合された他のノートパッと拡散させ、薫り立ちに印象的な華やかさを
添える効果がある。

アロマティックノート
ハーブや花、フルーツなどの植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を
利用し、その香りの効果で心身の健康を促進する「アロマテラピー(芳香療法)」
の手法をフレグランスに応用した、まさにナチュラルなノート。

インセンス
東洋のルームフレグランス=「お香」の事。スティック型やコーン型などさまざまな
タイプがあり、火を灯して立ち上る煙によって、広がる香りを楽しむ。著名な香水
と同系のノートで作られたインセンスは、特に人気。

ウッディノート
ヒノキやサンダルウッドなど「香水」を用いたノート。気分をリラックスさせる落ち
着いた薫り立ちで、大人っぽいオリエンタルなニュアンスづけに使用される事も。
「ブルガリプールオム」などは、その代表格。

ウッディノート
ヒノキやサンダルウッドなど「香水」を用いたノート。気分をリラックスさせる落ち
着いた薫り立ちで、大人っぽいオリエンタルなニュアンスづけに使用される事も。
「ブルガリプールオム」などは、その代表格。

オゾンノート
90年代に登場した香りの新潮流で、水や空気のような自然界にある素材の
イメージを香りに表現したノートの事。アクアティックノートやアクアノートなどが
あり、ジャック・キャヴァリエ作「ロードゥイッセイ」が有名。

オードトワレ
香料濃度5〜10%、香りの持続時間は3〜4時間程度という軽やかなタイプの
フレグランス。全身使いもOKで、下地として他の香りとも「重ねづけ」できるのが
利点。

オードパルファン
パルファン(香水)に蒸留水を加えてライトにしたフレグランスで香料濃度10〜15%、
香りの持続時間は5時間前後。純正のパルファンに極めて近い香りの優美さを
手軽に楽しめる。

オリエンタルノート
東洋のエキゾチックなイメージを香りに翻訳した独持のノート。そのニュアンスを
強調するのに、サンダルウッドやパチュリなどが良く用いられる。代表的なものに、
イヴ・サンローランの「オピウム」などがある。

オルガン
調香師「ネ」が香水を作る際に使う、特殊な専用机の事。香料が入った同型の
瓶がズラリと段々になって、置かれた様が、ちょうど楽器のオルガンに似ているため、
こう呼ばれている。「ネ」はこのオルガンを前に香りを作る。

カップリング
相性のよい香りを選んで、恋人同士などで薫り立ちを合わせる上級テクニック。
最も簡単なのは、同名の香水のファム(女性用)とプールオム(男性用)とで
合わせる方法。別ブランドであってもラストノートが同系の香りであれOK!

グラース
16世紀頃から、香水の故郷として知られる南仏コートダジュールの小さな町。
香水を作る為に使われる、上質のバラを始めとする植物の栽培はもちろん、
香水や香料についての研究が現在も盛んに行われている。
フランスを代表とする、ジャック・キャヴァリエなどの名調香師もここから誕生した。

グリーン系ノート
野原の草や若葉など、様々な緑が持つ清々しいニュアンスをベースにしたノートの総称。
シャープな印象でパッと気分をアップさせたり、しっとりとした印象で気分を
落ち着かせる物など、アロマ的な効果も・・・

グルマンノート
グルマンが仏語で「美食家」を意味するように、果物やお菓子などの
「おいしそうな」香りを示す。りんごやピーチなどのフルーティな薫り立ち、ヴァニラや
バブルガムなど、甘いお菓子のニュアンスで薫るものも。

合成香料
化学的に合成された人工香料の事。自然界からは原料が採取できないような
幻想的なニュアンスを表現するのに適しており、シャネル「N゜5」のアルデヒドや、
水や空気を表現するキャローンなどがある。

香油
天然の動物油に、香料を混ぜたもの。古代エジプトで使われていたのが最初で
香水が登場する16世紀までは、この香油が香りの主流だった。保存性は高いが、
油の粘り気が肌に残るのが難点。

コフレ
箱などの入れ物/容器を意味する仏語(正しくはコフルと発言)で、香水瓶も同様に
呼ばれている。コフレには、中に入る香水のイメージを象徴する美しいデザインが
施され、その為コレクターも多い。

コンクリート
自然の素材から抽出した香りの成分を、ワックス状に固めた塊の事。山のような
花びらの量に対してほんのわずかしか採れないため、たったひとかけらの
コンクリートが大変な高価で取引されるのだとか・・・

シェアードフレグランス
男女どちらでもユニセックスで使えるフレグランスの事。シェアードは英語で
「分け合う、共有の」を意味する。カルバンクラインの「ck one」に代表される
ように、ライトでさわやかな香り物が多い。

シプレーノート
モッシーと呼ばれる苔の香りや、柑橘系のベルガモットなどをベースに調香された
フォーマルで落ち着いたニュアンスのノート。ゲランの「ミツコ」が有名。

蒸留法
花びらからの自然素材から香料の成分を抽出する代表的な方法で、蒸留器を
使って行う。熱い水蒸気で花びらなどの素材を蒸すと、天然の香料が溶け出し
スチーム状になった芳香が発生する。これを冷やして得た成分は、濃度も純度も高い

植物性香料
花や香草、苔、香木など植物由来の自然素材から抽出した香料の総称。最も
古くから愛用されている香料であり、その種類は数千〜数万種にも及ぶと言われ
ている。植物香料の組み合わせによっても、あるいは、他の香料と組み合わせた
調香のバランスによっても、さまざまなニュアンスの香りが生まれる。また、香りの
タイプによって、色々な心理的効果も。

シングルフローラル
一種類の花びらだけを主題に作られた、花の香りの事。「単一花香調」ともいい、
バラやジャスミンなどの人気が高い。

シンクノート
香りをまとう人のその時の状態にシンクロして、薫り立ちが変化するノート。
肌のph(ペーハー)濃度や、その日の気候、その場所の湿度などで、様々な表情
を見せる。シャネルの「アリュール」から始まった、香りの新潮流。

テースティング
フレグランスの香りを試して見る事。専用のムエット(紙片)につけて薫ると本来の
薫り立ちが、肌につけて15分〜20分おくと、人それぞれの薫り立ちがわかる。

動物性香料
天然の動物由来のものから抽出した香料の総称。ムスク(ジャコウジカ)や
アンバー(マッコウクジラ)、カストリウム(ビーバー)、シベット(ジャコウネコ)など
があり、奥行きのあるセクシーなニュアンスが出せる。昔から恋愛を一歩前に
進めたいときなどに愛用されてきたと言われているが、つけすぎるとキツくなる
ので要注意。

トップノート
香水をつけて最初に立ち上がるノートの事。通常つけ始めから15〜20分くらい
は、このトップノートが薫っている。華やかで印象的なニュアンスの物が多い。
ディオールのジャドールは、トップからフローラルが泉のようにあふれる。


仏語で「鼻」を意味し、あらゆる感動を薫りに翻訳できる、一流の調香師にのみ
与えられる最高の称号。フランス国内に40人、全世界にも250人しかいない
シャネルの「NO゜5」を調香したエルネスト・ボーや「アリュール」の
ジャック・ポルジュ、女性ではソフィア・グロスマンが有名。

ノート
香りの調子やニュアンスを意味する専門用語。ひとつひとつの香りが集まって
ハーモニーを奏でるようなところが音楽に似ている事から、音楽用語で「音符」
を意味する言葉がそのまま、香りの世界でも使われるようになった。

ハーバルノート
ラベンダーやミントなど、ハーブ(香草/薬草)を用いたナチュラルな薫り立ちが
特徴のノートを指す総称。ハーバルは英語で「ハーブ(調)の」を意味。

パルファン(香水)
香料濃度が25%以上で、つけてから5時間〜半日薫る、最も本格的な
フレグランス。本来は植物、または動物由来の天然素材から抽出した香りの
エッセンスをアルコールに溶かしこんだもの。現在は合成香料を用いた物も多い。
ちなみにパルファンはフランス語。英語ではパフューム。

フェイク
例えば菖蒲(しょうぶ)のように高価で手の入れにくい稀少香料の代わりに、
それによく似た合成香料入れて代用(偽和)する事。または、その代用香料の事。

フォーミュラ
調香師がつくり上げた「香りの処方箋」の事。何百種類と言う香料の名前が並び、
それぞれがどのくらいの分量含まれているかという、詳細なデーターが記された
もの。調香師にとっても、ブランドにとってもここが生命線なので、決して一般に
公開されることはない、秘密の処方箋。

フゼア系ノート
樫の木に生える特殊な苔「オークモス」の香りをベースに、スパイスとして
ラベンダーなどをプラス、フレッシュでキリリとしたニュアンスのメンズ向きのノート。
リフレッシュしたいならフゼア系のダビドフ・クールウォーター。

フルライン
パルファン〜オーデコロンまでのフレグランスだけでなく、石けん/シャワージェル
/バスオイル/ボディーローション/ヘアミスとなのバス用品〜コスメまでを、
ひとつの香りで展開したラインの事。

賦香率(ふこうりつ)
ひと瓶のフレグランスの中に、純粋な香料成分がどれくれいのパーセンテージで
含まれているか、香料濃度を表した数値。賦香率の高さに応じて、香水の価値も
高くなり、また、香りも強く、薫る時間も長持ちする。最も賦香率が高いのは
パルファンで、香料濃度は25%以上。次が、10〜15%のオードパルファン。
続いて、5〜10%のオードトワレ、2〜5%のオーデコロンとなっている。

フローラル
花の香り、花香調ノートの事。ひとつの花くを基調にしたシングルフローラル、
いくつもの花を花束のように薫らせたフローラルブーケ、若葉などグリーン系の
香りをプラスしたグリーンフローラルなどがある。

フロリエンタル
オリエンタルノートとフローラルノートをミックスしたもので、エキゾチックで
フェニミンなニュアンスの個性的な薫り立ち。
官能的なフロリエンタル、カルバンクライン・オブセッション。

ベビーフレグランス
文字通り、乳幼児専用フレグランスの事。敏感な赤ちゃんの肌に合わせて
低刺激につくられており、限りなくほのかに薫る控えめな薫り立ちが特徴。
ジバンシー「プチサンボン」が最初のヒット作。

マリンノート
さまざまな「海の香り」を表現したノート。潮風や波間、深海、砂浜、海辺に流れる
時間など、微妙なニュアンスをテーマに調香されるロマンティックなノート。
代表的なのはジバンシー・ウルトラマリン。

ミドルノート
香水をつけて15〜20分ほど経ってから立ち上がってくるノートの事。その後
2〜3時間は、このノートが薫り、フレグランスの中心をなす香りであるためハート
ノートと呼ばれる事もある。

ムエット
仏語で「匂い紙」の事。ショップなどで、一度で何種類かの香りを試したい時に
使うと便利な紙製のテスター。これに香りを吹きかけた後、パタパタ振って
アルコールを飛ばしてから薫り立ちをチェックする。

ユニセックス系
シェアードフレグランスを参照。

ラストノート
香水をつけてから2〜3時間ほど経ってから、最後に薫り立ってくるノートの事。
残り香のように、ほんのり半日くらい香り続ける。ベースノートとも呼ばれている。
自分らしい香りを探す時にも最も重要な鍵になるのがこれ。

ローズ
バラを原材料とした香料、またはノートの事。やさしく女性らしいニュアンスを表現
するのに、古代エジプトや古代ギリシャの香油の時代から愛されてきた永遠の香り。

ワンノート
トップ→ミドル→ラストと言うように、香りのノートが3段階に変化するのが、通常の
フレグランス。これに対して「ワンノート」とは、最初から最後まで一貫して、
同じ香りが持続するフレグランスの事。ランコムの名香ポエムも、都会的な
ワンノート香水の仲間。

© 2006 nanoTRACK. All Rights Reserved.